学校法人九州聖公学園 久留米天使こども園
園の紹介子どもの一日子どもの四季園内MAPエリアMAP未就園児&預かり保育学校法人九州聖公学園 久留米天使幼稚園天使の小窓園からのおたよりお知らせ&トピックスさくらんば&アップル通信トップへ戻る入園のご案内はこちら
園の紹介
概要
園名 認定こども園 久留米天使こども園
設置主体 学校法人 九州聖公学園
住所 〒839-0862 福岡県久留米市野中町1279
TEL 0942-38-5448
FAX 0942-37-1132
 
写真 写真
 
時間外サポート アップル ひだまりサロン (育児サークル)さくらんぼクラス (未就園児クラス)わんぱくクラス (未就園児クラス) 自園給食


理念
天使幼稚園の理念「一人ひとりを大切に」
写真 現代社会においては早さ(能率)と結果(効果)が重要視され、数字による「評価」で良し悪しが決まる風潮がますます強まっています。そのような社会の中での子育てには、とても大きな不安が伴うようになってきているようです。特に、集団生活の中で他の子と比べて「できない」「違う」「遅い」ということは、幼児期といえども気にかかり、保護者の皆様の悩みや焦りのタネになっています。
 しかし、できなくて悩み、違っていて迷い、取り残されて不安になるのは大人ではなく「こども自身」。当園では、常に「こどもの視点」に立つことを忘れないようにと心がけています。
 それぞれに個性あふれるこども達を、「皆が同じように」でも「人と比べて」でもなく、一人ひとりを受け止めて育むことで、こども達自身が大切にされているということを実感し、ノビノビと、意欲的に、楽しんで毎日を過ごします。「できた!」写真「やった!」と達成感を感じることができれば、「もっともっと!」「なんだろう?」「やってみたい!」と、新しいことや困難なことにもやる気満々でチャレンジできるはず。教師達は常にこども達に寄り添い、全力を尽くして受け止める努力をしていきたいと思っています。
 「安心感と信頼関係のなかでの教育」。これが当園の大切にしている姿勢です。


方針
教育方針「遊び(経験)の中から生きる力を育てる」
写真 かつては「子どもは遊びの天才!」と言うことばをよく耳にしていましたが、それが実感として湧かなくなりつつあるように思います。物が豊かになり、店頭には工夫をしなくても遊べる本物さながらのおもちゃが並んでいます。自然が壊され、冒険心や想像力を育む遊び場も少なくなってしまいました。一人でも楽しめるゲームが普及し、友達と群れて遊ぶ姿も見られなくなりつつあります。そして何より、無心になって遊ぶゆっくりとした時間、何をしてもいい自由な時間が少なくなっています。こどもたちが「忙しい」と言うようになり、時間があっても「何をしたらいいの?」と聞いてくるようになりました。
 当園では、知育と呼ばれる「教材」を使った学習はありません。英語や文字・数を教えることもしません。しかし、「学習」の基となり、「生きる力」となる、様々な「経験」と、そのために必要な「時間」「空間」「人」などの環境を整え、幼児期にしかできないこと、この時期にこそ必要なものをこども達に伝えたいと願っています。
写真 こども達が本来持っている「育つ力」は、特に幼児期においては遊びを通して、楽しみながら、人と人との係わり合いの中で育みたい。
 「教育」よりも「響育」を! 天使幼稚園の方針は、「どうすれば心に響くか!」を大切にした「体験」。「遊びが勉強、勉強が遊び」です。


目標
教育目標(こんなこどもに育てたい!例えば…)1.遊具やおもちゃがなくても遊べるこども
まだまだ沢山あるのですが、このような子どもは「否定・禁止」や「指示・強制」では育てることができません。
 
「ダメです!」ではなく、「どうすればいいか」に気付くこと。
「しなさい!」ではなく、「どうすべきか」を考えること。
 
これが、私達がこどもに伝えたいメッセージです。
教師が「教える」のではなく、彼ら自身が「学ぶ」ことが大切だと思うのです。
 
写真 写真


沿革
1949年 諏訪野町2378の4で宗教法人日本聖公会 久留米聖公教会が復興され、地域への奉仕事業として保育施設「天使園」開設される
1957年 5月 久留米聖公教会公益事業として「久留米天使幼稚園」県知事認可を得る(定員40名)
1976年 3月 実勢に即して、定員80名の認可を得る
1977年 6月 設立20周年を記念して特別講演会を開催する
講師-福井達雨先生「生命をかつぐって重いなあ」
1978年 2月 園長 安倍弘毅先生召天。後任に司祭早川義也 就任
1978年 5月 「学校法人 九州聖公学園」県知事認可を得、本園の設置者となる
1978年 8月 現在地(野中町1279)に移転。同年11月より新園舎建設開始
1979年 4月 現園舎竣工する。定員120名の認可を得る
1983年 5月 父母の会継続事業で屋上プール完成
1986年 4月 園舎増築。定員200名の認可を得る
1988年 5月 父母の会継続事業で厨房(給食室)完成
1988年11月 創立40周を記念して市民講演会を開催する
講師一日名子太郎先生「今後の世界と幼児の教育」
1992年 4月 園舎増築完成、園長、司祭早川義也 転勤
後任に司祭 濱生正直 就任
1999年 1月 創立50周年を記念して「由紀さおり、安田祥子童謡コンサート」を文化センターにて行う
2001年 4月 園長、司祭 濱生正直 転勤。後任に司祭 後藤光 就任
2003年 8月 理事長兼園長、司祭 後藤光 転勤。後任に理事長、山本耕之 就任
園長、宇津宮規久子 就任
2005年 3月 理事長 山本耕之 辞任。 後任に司祭 山ア貞司 就任
2006年 3月 園長 宇津宮規久子 退任、顧問に就任
後任に理事長、司祭 山ア貞司 就任
2009年 3月4月 顧問 宇津宮 規久子 退職
後任に理事長、司祭 山ア貞司 就任
園長 司祭 山ア貞司 退任  後任に 早川 成 就任
2010年 9月 創立60周年記念行事開催
記念シンポジウム
「森のようちえんと街の幼稚園 〜こどもの育ちを考える〜」
2011年 4月 理事長、司祭 山ア貞司 退任(異動)
後任に 濱生正直 就任
2014年 8月10月 認定こども園施設整備事業により新園舎竣工・給食室改修
認定こども園(幼稚園型)久留米天使こども園開設(定員30名)
 
イラスト 写真


日本聖公会
当園はキリスト教の一宗派である「聖公会」に属する「久留米聖公教会」を母体とし、1949年に諏訪野町に始まった保育事業を受け継ぐ幼児教育の場として、キリスト教の教えを建学の精神に、地域に開かれた幼稚園を目指しています。
http://www.seikoukai-hoiku.jp/


メール一斉配信システム
 これまで「電話連絡網」で行っていた緊急の連絡を、メールで携帯電話やパソコンに一斉配信することによって、情報が伝わるまでの時間を短縮し、皆様のお手を煩わさず、内容の伝達ミスなどを防ぐことができます。また、氏名・電話番号を記載した「連絡網」を廃止でき、個人情報保護の観点からも有効であると考えます。
 尚、従来お届けしていました「お知らせ」や「おたより」は今までどおり配布いたしますし、このシステムに登録をされない方や携帯・パソコンを使用されていない方に対しては一斉配信ではなく個別に対応いたします。(園における全ての「連絡」についてこのシステムを利用するものではありません。)
このページの先頭へもどる
copyright (c) 2007 KURUME TENSHI kindergarten school All rights reserved.